焼肉の大同門 社長ブログ

6年前から大阪の老舗焼肉チェーン「大同門」の社長をしています。その前は、IT企業の専務>別のIT会社の起業>同時通訳者>大阪府知事通訳。畑違いでも経営という点では共通します。経営や起業、プライベートも含めて書いてます。

その「無理です」は本当に無理なのか

日曜日のお昼、かねてからチェックしたかった家の近所の十割蕎麦のお店に行きました。

ランチのみのメニューで、せいろに天婦羅がついて1850円。天婦羅は、牡蠣、海老、野菜ということ。せっかくのおすすめランチということで是非試してみたかったのですが、私は体質的に牡蠣が食べれません。そこで、サービスの女性に牡蠣が食べれないので牡蠣を何かに変えていただくことは可能でしょうかと聞いてみました。

すると、「無理です」との返事。

続いて、「牡蠣が2つ入っているので、牡蠣を食べないとあとは、海老と野菜2つだけをお出しすることになります」とのこと。

「牡蠣を海老とかに変えることはできないのでしょうか。」とねばってみましたが、

「できません」とたてつくしまもない。

あきらめて、私は九条ネギそばにしました。。

我々が食べているときに、一人の男性が入店されて後ろのテーブルに座られました。連れを待たれている様子。

すると、さっきのサービスの女性が、「お連れ様はあと何分ぐらいで来られますか。」と聞きに行きました。男性が、あと10分ぐらいだと思いますと答えると、「うちは10分以上待つのは禁止させていただいているんです」との返事。

一瞬あっけにとられた男性が、「ちょっと連絡してみます」と答えてました。

ところがその横のテーブルの男性は食事終わってからスマホをいじって10分以上はお席に座られていました。

 

この店の「無理です(インポッシブル)」は、不可能なことではなく、ただ単に「したくない」ということでしょう。もちろん、すべてのお客様の要望を聞くことは不可能であり、お店としてもどこかで線を引くべきです。できないことはできないとはっきりとお伝えすることは必要です。ただ、それをどのようにお客様に伝えるかで、お客様側からみたその店での飲食体験は激変します。いらっしゃいませはすぐに言えるようになる。でもそれだけではホスピタリティある接客とはいえない。

このようなことが現場でおこらないように、うちももっとみんなでホスピタリティを勉強せねばと思いました。

 

アメリカでの大学受験と日本の大学の国際コースについて

息子のアメリカでの大学受験がいよいよ始まりました。私自身は、アメリカの大学受験はおろか、日本でも中高大一貫教育の学校にいったので、日本の受験すら経験しておらず、まったくプロセスもわかりませんので大変不安。

彼のいっているアメリカの高校は、カレッジ・カウンセラーが子供について大学受験のプロセス指導をいろいろとしてくれるので、ある意味任せっぱなしです。さすがアメリカと思ったのは、親が子供の受験プロセスの状況を確認できるサイトがあることで、それを見ると資料を送ったかどうかとかは確認できるようになってます。

まずしなければならないのは、受験する大学を選ぶことです。だいたい、Reachといわれる自分の成績よりもアッパーだけど行けたら行きたいというドリーム校、自分の身の丈くらいのターゲットとする学校、そしてSafetyといわれるいわゆる滑り止め校をそれぞれ2〜4校えらぶのが標準的だといわれているようです。

カレッジカウンセラーがおすすめしてくる大学は、それぞれの子供にベストフィットだと思われるところ。決して大学のブランド名で選ぶことはしません。親のほうが過度な期待をしてしまって、うちの子だったら絶対アイビーリーグとか、もっと良い大学に行けるはずだといってくるパターンも多いらしく、子供よりは親の期待のコントロールに神経使うことが多いとかも聞きます。

最近では日本の大学も国際コースがありますし、息子も中学までは日本に住んでいたので、日本の大学も検討することになりました。そこで私もお子さんをインターに行かせているママさんたちからヒアリングをしてみました。最近では、インターにいっている日本人学生が日本の大学を志望することが大変多くなっていて、競争率がかなりあがっているらしいです。これは、アメリカの大学の学費がむちゃくちゃに高いこと、外国人であれば奨学金がほぼもらえないこと、せっかく卒業しても就労ビザがとりにくいことなどが要因だそうです。しかしながら競争率があがっている一方で、日本の大学の国際コース(留学生向けや英語で行われるプログラムのことを仮にこうよびました)のレベルについてはあまり良い話を聞きませんでした。「先生の英語が自分たちより下手」というケースが結構多いようです。あとアメリカの大学では「教養」や「学ぶ姿勢」を教えようとする傾向がありますが、日本の大学、例えばT大とかは、専門知識にフォーカスして教えようという傾向があり、インターから行くと違和感があってついていけないとか聞きました。

結局うちの息子は、日本の大学を受けることはやめたようです。それにしても、国際的な人材を日本の大学によびよせるためには、ただ単に英語で授業をするだけではなく、彼らが求めている魅力的なプログラムが必要ですね。ここも、日本の競争力をアップすべき重要な分野のように感じました。

上手な通訳者の使い方

最近、通訳者を使う必要のあった会社にアドバイスたことがありました。とくに初めて通訳をいれるといった場合に、意外にどのようにすれば満足するレベルの通訳をしてもらえるかということについて理解がないんだなと思ったので、私もその昔々、会議での同時通訳や逐次通訳を仕事としてやっていた経験から、思ったことをちょっとまとめてみました。

1)英語がしゃべれるイコール通訳ができるではない

英語しゃべれても通訳ができるとは限りません。以前に、訪問する側が通訳者をつれてくるといったため安心していたら、日本語が少ししゃべれる外国人が一緒についてきて、散々だったという話を聞きました。英語がわかっていても、それをビジネスで通用する日本語に瞬時に直して正確に訳すことは技術です。バイリンガルの人でも、こんなことはいっていましたという要約はできるのですが、それこそお天気の話であればそれでも通用でしょうが、ビジネスの場面では正確な通訳が求められます。通訳スキルをもった専門家を必ず使いましょう。

2)英語がしゃべれても、あなたの会社のことを理解してないと訳せない

それでは通訳スキルをもった人が見つかったとします。ここでよく思ってしまうのが、英語がしゃべれるのでなんでも訳せると思ってしまうことです。日本語であっても、飲食業にいる人が、例えば鉄鋼業で使われる業界用語はわからないように、通訳さんも、その業界を専門にしていない限りは、業界用語は知らないのがあたり前です。知らない単語は訳せないので、事前に、勉強をさせてあげることが大切です。通訳を頼む内容に関連する知識や使われる言葉について、前もって説明して勉強しておいてもらうことが、良いパフォーマンスを出してもらえる基本です。

3)相性のよい人を探す

スピーカーと通訳者との相性は大切です。とくに逐次通訳の場合は、お互いの呼吸もあるため、どんなに能力の高い通訳者でも相性あう人にお願いするのがベストです。これはなかなか難しいことですが、いえるのは、相性があう通訳者に出会うまで、能力が高井といって下手に我慢せずに、別の人にトライするということでしょうか。

その他にも、通訳者にはランクがあるとかありますが、とりあえず、通訳者をお願いするときの基本ルールを書きました!

 

メンタルヘルスのためのエモーショナル・ペットってあるらしい

アメリカでは今エモーショナル・ペット(emotional pet)というのが認められているそうです。メンタル・ヘルス上支えとなるペットが必要だと正式に認められると、認定証が交付され、おまけにペットに着せる赤いベストまで送られてくるとのこと。実際、エモーショナル・ペット同伴の人と一緒にレストランに行った私の友人が話してくれたのですが、通常ペット禁止のレストランでもエモーショナルペット同伴だと、席を用意してくれたとか。
大学の寮でも許可されている場合もでてきているそうなんですが、ただ、広い部屋を手にいれるためにこの手を使おうとするけしからん学生もでてきているとか。。とうとうここまで来たかと思った話です。

組織は腐る

あるベンチャー企業の若手社長さんとお話したときに、

組織は腐るよねという話でお互い納得したことがあります。

彼が起業する前にいた会社はある有名会社の子会社だったそうです。

親会社が結局業績不振で別の業界大手に買収されてしまったとのこと。

買収直前の親会社では、部長クラスが黒塗りのお迎えの車使ってたり、

重役出勤で遅くに来て早くにオフィスでて高級クラブに

飲みに行ったりとかが横行していたんだそうです。

業界大手に吸収されたあとに、そういった人たちも会社を辞めて

行ったけれど、別の会社で現在は活躍している人たちもそこそこ多いらしい。

ある組織では評価できずとも、その同じ人が

別の異なる組織では活躍することって実は結構あるもんです。

人が腐るから、組織が腐るのではなく、

組織が腐るから人が腐る、ということなんでしょうね。

食べ物と同じで、組織が腐ると腐った箇所をすべて取り除かなければ

組織全体が腐ってしまいます。

すこしでも臭いがしだしたら手遅れにならないように

処置をすることが肝要です。

 

米国の大学を訪問してみて

今回、息子の大学受験の皮切りとして、アメリカの大学を数校訪問しました。

アメリカの大学受験では、受験する大学を選ぶ参考にするために、日本でいう高校2年生(むこうは高校4年制なため正確には3年生)の春や夏の休みをつかって興味ある大学を訪問します。学校訪問は必須ではありませんが、結構多くの学生がするようです。大学側では、1時間ぐらいずつの説明のセッションとキャンパスツアーを用意しており、学生は予め大学のウェブサイトで予約していきます。(セッションやツアーに参加したということはファイリングされるようで、後に実際に受験したときに、学生のその大学に対する興味の度合いとして参考情報となるとのことでした。)

 

セッションにもキャンパスツアーにも、必ずその大学の現学生が参加していて、大学の生活やカリキュラムなどについて、彼らの視点から話してくれます。志願する学生たちが身近なレベルで情報をとれるように配慮しているのです。どの大学も、それぞれの特色が出せるような工夫をしてました。「異なる」ことを「よし」とする文化が反映されていると思いました。大学もビジネスとして運営されているため、良い大学であればあるほどマーケティングブランディングがしっかりしてます。

 

今回とくに印象深かったことが2つあります。まずは、各大学とも、海外での勉強やインターン経験ができるカリキュラムを充実させていることです。だいたい半数ほどの学生が利用するようですが、例えば3年生の半期をヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカなどでの国で大学にいったり、インターンをしたりといった経験ができるといったものです。視野を広げることもでき、また、このような経験が大学卒業後のキャリアに有利に働くため、学生に人気だそうです。それにしても半数とは驚きの参加率です。

次は、キャリアデベロップメントに対する支援の厚さです。在学中を通じてインターンの機会が大学のネットワークを通じて与えられます。ボストン大学では、履歴書作成のために写真をとるスタジオまでありました。大学が実社会とのパイプを厚く持っているので、様々な学生のニーズにこたえることができ、そこにある種のエコシステムが形成されているのだなと感心しました。

今回は子供だけでなく親にとっても、いろいろと学びのある大学訪問でした。

英単語を覚えるこつはダジャレ

英単語ってどうやったら覚えられんの?というご質問をたまにされるので、お答え。

「英単語を覚えるコツはダジャレ」です。

なお、このコツは、英文とか読んでいて知らない単語にあたって辞書で調べたあとにその単語覚えておきたいとかいうときに、効果的です。

TOEFLとかTOEICで、英単語を大量に覚えていくときとかには

もちろんこの方法もいいのですが、プラス・アルファ別の方法も合わせ技のほうがよいでしょう。

それでは、ダジャレとはどういうことかですが、

例えで、時流にのった単語を引き合いに出しましょう。

misogyny という単語があります。女ぎらいとか女性蔑視とかいう意味で、

いまのアメリカのトランプ氏への批判などでの記事とかにたまにでてました。

カタカナ的に読むと、「ミソジニー」と読みます。

さあ、これをどう覚えるかですが、私の場合、「ジニーさんという女性にミソつけた」→「ミソつけるぐらい女性きらい」→「女ぎらい」と覚えたわけです。

むっちゃこじつけです。「アイスティーを愛すてー」のノリ(笑)

例えば、女ぎらいの人であれば、「三十路ねーよ」といいそうだとか。

そうすると「三十路ねーよ」→「みそじねー」「みそじにー」。。

 

まずこのように、覚えたい英単語をだじゃれ形式にした後は、

そのだじゃれを頭の中で思い浮かべながら、何回も

(できれば正しい発音で)その単語を声に出してみましょう。

 

その後、記憶の新しいうちに、無理やりどこかで使ってみれば、ベストです。

例えば、友達と話をしているときに使うとか。

英語で話してなくても、

「そういえば、misogynyって知ってる?これは〇〇という意味で・・・」

と知識をひけらかしてもいいですし、

私がたまにやるのは、

FBのポストで、こんな単語覚えましたと書いてしまうこととか。

結構、効果ありますよ。